自分を決めつけてしまうのは、もったいない

本音で生きる意識の使い方

先日買い物の途中で、スカーフが目についた。

ほんの少し黄色が混ざったベージュの地に、薄いグレーが入ったインディゴブルーのヤシの葉と、淡いコーラルピンクのハイビスカス。

水彩で描いたような柔らかいタッチで、手触りも心地いい。

 

買おうか買うまいか、迷った。なぜか気になる。

結局買って帰り、鏡の前で首に巻いてみた。
ちっとも似合わない。

「あーあ」とがっかりしたが、ふと思い立って頭に巻いてみた。

 

私はターバンが似合わない。

インスタで時々目にする、プラチナヘアーの素敵な同世代の女性が、最近ターバンを巻いている写真を続けてアップしていた。

とても似合っている。素敵だなと思う。いいなぁ、似合っていて。

でも私には似合わないのだ。

 

ところが、気になって買ってみたスカーフが似合わなかったので、頭に巻いてみたら意外にも悪くなかった。

翌日仕事にもターバンスタイルで行ったら、「似合う」「かわいい」と言ってもらえて、気分が上がる。

 

サテン生地のベージュに大小の黒の水玉柄や、柔らかい生地の黒とグレーのゼブラ柄のスカーフを買い足し、日替わりで楽しむようになった。

 

自分を決めつけてしまうのはもったいない。

ふとしたきっかけで決めつけの枠が外れたら、人生の楽しさが増す。

 

スカーフとしては使えなかったけど、似合わないと思っていたターバンを楽しめる毎日になった。

 

日常のほんの小さな決断から、気持ちが惹かれた直感に従ってみたらどうだろうか。

新しい自分に出会い、これまでより日常を楽しめるきっかけになるかもしれないから。

 

【自分にミラクルを起こす鍵を見つける】無料メール講座
『もっと自分らしく生きたい!』
『現実を変えたい!』
そんな状況から抜け出し、
幸せな人生を自分で創りだすあなたになりましょう。
5つのステップで
自分にミラクルを起こす鍵を見つけます。

本音で生きる意識の使い方
もう迷わない!本音で生きられる自分になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました