ノースリーブは似合わないと、決めつけていないだろうか

本音で生きる意識の使い方

20代の頃、ノースリーブの服がとてもに合う友人がいた。

いいなぁ。
でも私、こんなに腕が太いし、見苦しいよなぁ。

似合わないよなぁ。

と、自分には着れるはずがないと思った。

 

その友人は「とにかく一回着てみてよ。気分いいから」
と言ったけど、着る勇気はなかった。

 

 

 

数年後の夏。
半袖を着て鏡に映った自分が、

とてもむさ苦しく、暑苦しく見えた。

 

ためらったけど、
ノースリーブを着てみることにした。

 

えっ!こんなに違うんだ!

 

見た目のスッキリ感が全然違っていた。

しかも断然涼しい。
(当たり前だけど)

 

夏はノースリーブしか着ない私になった。
いや、着れない私になった。

袖があるのとないのとでは、風の感じ方が違う。
暑さがこもらなくなって、快適。

 

二の腕は太いままだけど、

出した方がスッキリ見えるのがわかったから、
さほど気にならない。

 

 

 

「ノースリーブが似合いますね。
私も着てみたいけど、この腕じゃ・・・」

とおっしゃる方がとても多い。

だけど、太い腕は半袖で遮るより、
思い切って全部出した方がスッキリ見える

 

ってことが、
一度着てみるとわかるのになぁと思ってしまう。

 

ノースリーブに限らず、形や色や柄など、

着てみたいけど自分には無理、
似合わないと思っているものがあるとしたら、

「とりあえず一度、試してみて!」って言いたい。

 

ファッションひとつで、

抑え込んでいた心まで
解放されることだってあるから。

 

「着てみたい」と思った、
その自分の思いを大切にしてみてください。

殻を破るきっかけになって、
昨日までとは違うモノが見えてくるかもしれません。

 

【自分にミラクルを起こす鍵を見つける】無料メール講座
『もっと自分らしく生きたい!』
『現実を変えたい!』
そんな状況から抜け出し、
幸せな人生を自分で創りだすあなたになりましょう。
5つのステップで
自分にミラクルを起こす鍵を見つけます。

本音で生きる意識の使い方
もう迷わない!本音で生きられる自分になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました