不安だらけの現実を変えたい

本音で生きる意識の使い方

何をやってもうまくいかない。
自分の人生だけが空回りしているような気がする。

知人たちはパートナーにも恵まれて経済的心配もなく、自分の好きなことで起業してうまくいっている。

自分は離婚し仕事をしながら、自分らしい生き方をしたいと、副業であれこれやってみるが、パッとしない状況。

ずっとこのままだろうかと不安に襲われてしまう。
この状態を抜けることはできるのだろうか?

そうご相談くださったYさんのご了承を得て、実際の会話に近い形でお伝えします。

人間関係の悩みはあまりないです。ただ何をやっても収入が増えなくて、お金の不安につきまとわれています。
私だけなぜ?と落ち込みます。

私だけなぜ?って、誰かと比べてですか?

妹です。妹は専業主婦でお金の心配もないし、自分の好きなことだけしてヒマを持て余しているんですよね。
妹の娘たちもパートナーに恵まれて、経済的にも豊かだし。
うちは子どもたちも収入がいいとは言えないし、自分のしたい仕事につけなくて悩んでいたり、妹のところとは対照的で。

Shinobu
Shinobu

比べてしまうのは、妹さんだけ?

知り合いも、みんないいパートナーに恵まれていますね。生活のためではなく、自分の好きなことを仕事にしてうまくいっている人ばかり。私だけが取り残されているようで惨めです。

心の中で何かつぶやいているようだけど

なぜ私だけ?ですね。なぜ私だけ、いつまでたっても苦しいんだろうって。

Yさんの現実は、Yさんの中にある意識が創りだしているんですよね。
どんな意識なのかがわかれば、変えればいいんです。

今のような現実を私が創っているとは思えないですよね。こんなイヤな状態なのに、、、、、

心のとても深いところに染みついているんですよね。
自分ではなかなか気づけないんです。

リーディングしてみると、『私は悪くない!なぜあの子ばかりかわいがるの?』『なぜ私が我慢しなきゃいけないの?』という声が聴こえます。

Shinobu

小さい頃にそう言いたかったことがありましたか?

あります。妹ばかりが親に可愛がられていましたから。
私はお姉ちゃんだからと我慢させられるし、叱られてばっかり。妹が憎ったらしくて、つい親の見ていないところで、告げ口をされない程度の意地悪はしていたかもしれません。はっきり覚えていないけど。。。

私は悪くないのに、なぜ○○(妹さん)ばかりがいい思いをしてるの?っていつも腹を立ててました。

なんでえこひいきするの?妹なんかいなきゃいいのに。○○さえいなければ、、、、って思ってましたね。

Shinobu

妹さんとは、今も仲が悪いですか?

いいえ。高校生くらいからは喧嘩もしなくなって、今は仲はいいです。価値観が違うところはありますけど。

Shinobu
Shinobu

『私は悪くない、なぜあの子ばかりがいい思いをしてるんだろう?』『なぜ私だけ、寂しくて惨めな思いをしなきゃいけないの?』っていうのは、今周りの人に対して思っているのと同じではないですか?

ああ、言われてみたら同じですよね。
でも小さい時と今では、人も状況も違いますよね。

それに、私がそういうふうに思っていたのは、親が私を邪険にして、妹だけをかわいがっていたからで、親のことは恨んでいたけど、大人になったら、妹には昔みたいなことは思わなくなってます。

Shinobu
Shinobu

今周りの人に対して感じているのは、過去の思いと同じじゃないですか?
状況や関係性は違うけど、
同じものを感じているんじゃないかしら。

Yさんの中に残っている小さい時の思いと、同じように感じる現実を、その意識が創りだしていて、今のYさんの悩みになっています。

ここで、誘導瞑想で幼い頃の自分に戻ってもらい、様子を見てもらいました。

Shinobu

妹さんがいて、Yさんがいますね。ほかのお友達も一緒に遊んでいるところでしょうか。そこにいる小さい自分を見て、どう思いますか?

なんかイヤな感じです。意地悪で自分の事しか考えていないような。妹は、なぜそんなふうにされるのかわからないですね。

2人だけの姉妹だから仲よくしたいのに、お姉ちゃんを怖がってるみたい。妹がかわいそうに見えます。

Shinobu
Shinobu

そうですね。大人になったら、昔の思いはしょうがない、今さらと、もう済んだことにしてしまうんです。
でもYさんの心の奥深くには、その時の意識がそのまま残っているんですよね。

その意識と同じものが、今のYさんの現実に現れているだけなんですよ。

Shinobu
Shinobu

なので現実を変えようと思ったら、過去の場面を書き換えないといけませんね。
書き換えたら、原因になっていた意識がなくなって、同じ思いをするような現実は現れなくなります。現実が変わってくるんです。

セッションでは、わかりやすく図に描いたり、もっと具体的に、現実が起きている仕組みを説明します。

自分の意識がどういうふうに現実を創り出していたかがわかって、過去の自分の思いを書き換えて現実を変えたい!と心から思えたら、順を追ってワークや書き換えをしていきます。

 

人は、自分の中にそういう意地悪な部分があるなんて思いたくないし、もう昔のことだ、済んでしまったことだから、今の自分には関係ないと思いがちです。

だけど、今悩んでいる問題を見てみると、しっかりその時の意識が投影されているのがわかります。

 

自分の意識が自分の現実を創っている。という視点に立つと、今の現実から大元の原因を見つけていくことができます。

表面的な思考の癖だけを変えても、形を変えて別の問題としてまた現れてきます。
大元が変わらないと、キリがないのですよね。

だから、悩みや問題を解消したいと思ったら、あなたの現実から大元を見つけていくのが近道です。

 

継続講座でしっかり理解し、書き換えをなさったYさんは様子が変わってきました。

講座を受ける前までは、
自分のやりたいことを仕事にしようとしても、なぜかうまくいかない。
時間とお金を費やしても、ピントがずれているような気がする。
自分だけがいつもツイてなさすぎる。
運に見放されてる気がする。

何とかしたい、でも変わろうとしても変われない状況でした

でも自分の本音を知り、心を整え直したことで、変化がおきてきました。

前に進めそうな気がしてきました。何だかうまくいきそうです。
やらなかったという後悔だけはしたくないので、ダメもとで、とにかくやってみようと決めました。
いろいろ準備を始めて、
ちょっとドキドキしてます。自分のことって、ぜんぜんわかってなかったんだなって思います。自分の本音を出せるようになったので、自信がついてきました。気分が明るくなったし、思い切って講座を受けてよかったです。

大人になってからは、妹さんとは仲は悪くない。
だけど、少しだけ違和感を感じていたそうです。

お姉ちゃんは怖いという思いが妹さんに残っていて、壁を作っていたようです。

「小さい頃の自分の意識を変えたら、その違和感もなくなって、妹とはさらにいい関係になりました。一生ひどい姉のまま終わることにならなくてよかったです」と、笑っておられました。

さらに、「それまでとても気になっていた、何事もうまくいっているように見える知人たちのことが、あまり目に入らならなくなってきたんですよね。なぜ自分だけが・・・・って、ひがみを感じることもなくなってきました。意識の投影って怖いいなぁと思いました」

「自分の意識の問題だと思うと、何があっても周りをどうにかしようとはしなくなりますよね。何があっても自分の中で解決できるってわかったのが、ホントによかったです」

 

人は人生の最後に、失敗したことの後悔はしないそうです。
後悔するのは、何もしなかったこと。

行動できる自分に変わられて、本当によかったです。

自分の本音がわからず、自分らしさを遮っている原因は自分の中にあります。
それを見つけて、変えて、やりたいことは何でもできる自分になる。

本音で生きると、笑顔と楽しさが循環する世界に変わります。

自分だけがうまく回っていない。
なぜ私だけ、こんな惨めな思いをしているんだろう?

と感じるときは、身近な人との過去のかかわりのなかで感じたことを、そのままにしていないか、目を向けてみるといいかもしれませんね。

 

【自分にミラクルを起こす鍵を見つける】無料メール講座
『もっと自分らしく生きたい!』
『現実を変えたい!』
そんな状況から抜け出し、
幸せな人生を自分で創りだすあなたになりましょう。
5つのステップで
自分にミラクルを起こす鍵を見つけます。

本音で生きる意識の使い方
もう迷わない!本音で生きられる自分になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました