棚ボタを受け取れる人になろう

本音で生きる意識の使い方

「棚ボタ」という言葉があります。

予想もしていなかったのに、思いがけず臨時収入があったり、贈り物をもらったなど、ラッキーなことが起こったりしたときに使います。

 

私は一時期、棚ボタを勘違いしておりました。
何が勘違いだったのか、自戒を込めてお伝えします。

 

コツを知って、棚ボタ運のいい人になってくださいね。

 

「棚ボタ」とは「棚からぼた餅」の略で、

『棚の下で寝ていたら、何かの拍子でぼた餅が落下して、開いていた口の中に入った』

 

という昔話が由来と言われます。

 

甘いものがぜいたく品だった昔は、ぼた餅が落ちてくるのは超ラッキーなことだったんですね。

(それじゃあ、喉に詰まって窒息するだろう・・・というごもっともな見方は、置いておきましょう。)

 

「何もしなくてもただ待っていれば、幸運がやってくるのだ」と思いそうですね。

引き寄せの法則的に考えると、それも一理あります。

 

 

棚ボタによって受け取りたいものと同じ周波数を発するように、自分の気分が上がることをしたり、イメージすればいいとも言えます。

スピリチュアルなことに、とても関心が向いていた時期には、私もそう思っていました。

 

そんな時、

『スピリチュアルが大事って聞くと、瞑想やビジュアライゼーションばかりして、それで変化は起きると思っている人が多いようです。だけど、それでは現実は変わりませんよ。

もちろん、棚ボタ的な幸運が起こることがありますが、そういう人はそれなりの行動もしているんです。

棚の下まで行くという行動をしないで、家にこもって瞑想ばかりしていては、落ちてきても拾えませんよ』

という文章を目にしました。どなたかのブログだったと思います。

 

まさに、その頃の私のことを書かれているような気がしました。

 

イメージングがしっかりできて、自分の波動とか周波数がそれに一致すれば現実化はするはずです。

だけど、そこで勘違いしやすいことがあります。

 

「イメージング」



「イメージしたとおりの現実」

と思ってしまいがちですし、私もそうでした。

だけど違うんです。

 

 

『イメージング』



『それを現実にするための行動』



「イメージしたとおりの現実」

なんですね。

 

地球という物質世界で生きている私たちには、行動が必要なんです。

行動をしない人には、スピリチュアル的な見えない力の後押しが入らないのです。

 

以前の私は、棚の下まで行くことをせず、ただ瞑想とイメージングをして、

「こんなにやっているのに、現実が変わらない」

と思っていました。

 

 

そんな私のようにならないよう、
ほんの小さなことからでいいので、

イメージングしたものに近づくための行動

をしっかりして、
棚ボタ運を上げてくださいね♡

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました