「これが私」と思っている「私」は本当?

本音で生きる意識の使い方

これが好きとか得意とか、こんな時にはこういう行動をとるとか、なんとなく「これが私だ」と思っていることは、思い込みかもしれない。

人は知らず知らずのうちに自分ではない自分を演じてしまうもの

無意識に、誰かに合わせてしまったり、家族の中での役割や仕事上の立場の自分を「私」だと思い込んでいることはないだろうか?

もともとの自分とは違う、役割や立場の自分をまとっていても、そのことには気づきにくいものだ。

もちろん、人と関わりながら生きている以上、折り合いをつけなきゃいけないことはたくさんあるだろう。

だけど、イライラしたり、仕事でトラブルがあったり、誰かと諍いしていたり、何となくモヤモヤしている時には、役割や立場にとらわれて、無理が生じているのかもしれない。

 

無理が生じていると、不満や怒りがわいてきやすいものだと思う。だから、「どこかに無理をしているところはないか?」と自分に問いかけてみる。

 

自分は母親だから当然だ、そういうしきたりだからしょうがない、今の自分の立場では無理だから。

そんなふうに「これが私だから」って、決めつけてしまっているところはないか、自己観察をしてみる。

 

本当にそうすることが当然なのか、しょうがないのか、無理なのか、と冷静に考えてみると、そうではないことも結構あると、気づけてくるのではないだろうか。

 

無意識に型にはめてしまっていた自分が見えてくる。

そうすると、型にはまっていなくても大丈夫ではないかと思えてくる。

次に、型にはまっていない自分ならば、どうしたいだろうかと考えてみる。

 

自分らしくいられるスタンスを見つける

「私はこれが、ホントに好きなのか?」

「これはホントにしなければいけないことなのか?」

「これをやってて私は楽しいだろうか?」

そんなふうに、いちいち自分に問いかけてみるのだ。

 

気持ちをゆるめて、いつもと違う行動をとってみる。

自分の好きなモノやコト、心地いいと感じることにもっと敏感になってみる。

 

そうやって自分に目を向けて、本来の自分に気づき認めるようになると、他の人に対しても心が広くなれる。

イライラしたり、カチンときたり、ムッとしたり、そういうことが減ってくる。人と平和な関係が築けるようになる。

 

視野が広がり、「あれっ?意外にこっちの方が好きかも」「この方が心地いい」と、新しい発見があり、より毎日を楽しめるようになる。

 

自分をちゃんと知ると、人に何と言われようと思われようと、心が揺らぐことなく、「これが私」と毎日を楽しむことができるようになる。

自分自身を愉しみ、もっと遊び心で味わうために、「これが私」と思っている「私」は、本当だろうか?と、時々自分に問いかけてみよう。

 

 

【自分にミラクルを起こす鍵を見つける】無料メール講座
『もっと自分らしく生きたい!』
『現実を変えたい!』
そんな状況から抜け出し、
幸せな人生を自分で創りだすあなたになりましょう。
5つのステップで
自分にミラクルを起こす鍵を見つけます。

本音で生きる意識の使い方
もう迷わない!本音で生きられる自分になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました