今この瞬間からいい感情になりなさいって、それができないから悩むのに

本音で生きる意識の使い方

私は勉強のために、人さまの発信もよく拝見するのですが、
きのう自己啓発系の発信で見かけたメッセージ。

『今の自分の感情が未来の現実を創るから、
今いい感情でいることが大事。

だから今この瞬間から、いい感情になりなさい』

 

これ、10年前の私だったらどう受け取っていただろう?
と考えてみました。

いったんは
「そうなのか!いつもいい感情でいれば、未来は明るいんだ!」

と、「いい感情、いい感情」と意識し始めるでしょう。

だけど現実問題、
日々いろんな人と接し、いろんなことがあり、

そうそういい感情をキープしてはいられない。

 

「それができたら苦労しないけど、できないよ。」

って、すぐ元の状態に
戻っていたのではないかなと思いました。

 

今の感情が未来の自分の現実を創り出すことは、
間違いないと思うのです。

難なくそれができる人もいるでしょう。

 

だけど、自分の感情を抑えてきたり、
偽の感情にすり替えるのが癖になっているなら、

まず自分の感情を素直に感じることから
始めたほうがいいと私は思うのです。

 

私自身も、
自分では意識できていなかったけど、
感情を出さずに生きていたようなのですね。

10年ほど前に初めて受けたヒーリングセッションで、
そう指摘されるまで、自分では気づかなかったのです。

 

少しずつ自分の内面と向き合うようになって、
意識の殻を破っていくと、

本当の感情を出すと、

怒られる、
笑われる、
嫌われる、
バカにされる、

そう思っているのがわかってきました。

 

過去の体験からそう思い込んでしまって、

自分がいま本当は何を感じているのか、
見ないようにしていたのですね。

 

あなたももしかしたら、
感情を抑えたり、すり替えたりして、

本当の感情を出せていないかもしれません。

 

そういう時はまず、
1.一瞬わいた感情を逃さない。
 自分の本当の感情が顔を出したときに気づく。

2.その素直な感情を無視したりごまかしたりせずに、
 出てくるたびに認める。

3.その時々でしっかりとその感情を感じてあげる。

ということをやってみるといいと思います。

 

感情は、2~3分しっかりと浸りきると、
だいぶ軽くなっているはずなのです。

これができるようになると、
自分にとってのいい感情を保つことが、楽になってきます。

 

私もいまだに、感情を抑えて何でもないふりをする癖は残っていて、
時々顔を出します。

最近、身内にかなり心配なことがあったのだけど、
私が不安になっちゃいけないと、平静を装ってしまってました。

無意識にやってしまうことは、ホントに気がつきにくいのです。

 

ある日、私、「どうしよう」ってすごく不安だな。

何とかしたいのに、何もできない歯がゆさとか情けなさもあるし、
「なぜこんなことが?」という悲しさもあるな。

なのに平気な振りしてるなぁと気がつきました。

 

誰に話したところでどうしようもないから
と思っていたけれど、

自分の思いは、
自分がちゃんと受け止めてあげないといけないのでした。

 

私が弱気になって不安を見せてはいけないと、
平気な振りしてたねって自分に言ったら、

一気に大きな不安に襲われました。

その不安を、私はないことにしていたのです。
涙が出そうになりました。

 

「あー、イヤだイヤだ。
不安で心配で何とかしてほしいよー!」

と、心の中で思い切り叫んで、
不安に浸りきりました。

 

感情は浸りきってしっかり感じきると、2~3分で軽くなります。

何度も試しているけれど、
今回の大きな不安も、すぐにフッと軽くなりました。

 

またわいてくるかもしれないけど、
同じように2~3分感じつくせばいいのです。

押し込めてしまわないことが大事。

 

感情は出してあげないと、
溜まって大きくなっていく一方だから、

感じたつど浸りきって、出してしまうようにしてみてください。

 

するとね、いい感情でいることも楽にできるようになります。

 

ほんの少しの知識と意識の使い方で、未来は変わるのです。

 

【自分にミラクルを起こす鍵を見つける】無料メール講座
『もっと自分らしく生きたい!』
『現実を変えたい!』
そんな状況から抜け出し、
幸せな人生を自分で創りだすあなたになりましょう。
5つのステップで
自分にミラクルを起こす鍵を見つけます。

本音で生きる意識の使い方
もう迷わない!本音で生きられる自分になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました