仕事を苦手にしているものはコレだった

本音で生きる意識の使い方

龍体文字には、ひと文字ひと文字に意味がありますが、先日ご質問をいただきました。

私のインスタを見てくださっていて、龍体文字に関心を持っておられるSさんという方からです

お仕事の中でとても苦手な作業があるのだけど、技術的に器用になれる龍体文字があれば、それをお守りに頑張りたいです。よろしければ教えてください。

というものです。

私は、技術的に器用になれるという龍体文字は知らないのですが、メールの文面から、書いておられる以外のものを受け取りました。

Sさんは、その作業が苦手というところが問題ではなく、別のところにアプローチすればいいようなのです。

 

まずは、その仕事とか作業が、本当にやりたいことなのかどうか?

本当の気持ちが見えていないというか、自分の本音と違うことをやっていることがあります。

その場合、『仕事行きたくない!』といった仕事拒否の症状や、やってる仕事がうまくできないという現実になったりします。

そこにご自分の本音、本当の気持ちが現れていたりするのです。

 

いろんな事情があって、今の仕事をやらざるを得ないことも多々ありますよね。

そういう時、本当はそれを『したいのか』『したくないのか』って、自分に問いかけます。

本音で答えてみると、モノゴトの見え方が変わって、現実も変わってきたりするんです。

Sさんにお尋ねしてみました。すると、

仕事もその作業も好きなんです

とのこと。
嫌いだけどがんばりたいというのでは、ないそうなんです。

ただ、仕事は好きだけど、その作業に対してはSさんはいつも、『私、これがうまくできないなぁ。苦手だなぁ。下手だなぁ』って感じていて、そう自分の心にも語りかけているようでした。

これは、強力なアファメーションになってしまいます。

しょっちゅう、『私はできない』『私はできない』って言い続けてるわけですから、『私はできない』がどんどん強化されていくのです。なので、

その無意識のセルフトークを、やめてみてはどうでしょうか

とお伝えしました。

 

やり方は簡単。
お仕事の前に『今日はうまくできるかも』ってご自身に呟くようにするのです。

実際にはできていないのに、『今日はうまくできる!』って断定してしまうのは、抵抗がありますね。
すると、心が反発するのでうまくいきません。

そこで『できるかも』って言ってみるんです。

『かも』が入ると断定にはならないので、現時点ではできていなくても、抵抗なく言えると思うんです。
それが分かったら、あとはこれを積み重ねるだけ。

自分の意識が『できるかも』に変わってくると、少しずつ現実もそれについてきます。

 

それがわかっただけで、仕事に対していつも感じていた緊張がやわらぎました。救われた気分です。『今日はうまくできるかも』って思いながら仕事に行きますね!

とお返事をくださったSさん。
素直にやってみようと思ってくださって、気持ちもずいぶん軽くなられたようです。

 

このやり取りをしていて、イメージがわいて描いたカードがこれ。

自分の本質を知る、本来の自分を思い出すというエネルギーを持つ龍体文字の『その』を描いています。

現状に対する自分のホントの気持ちに、気づかせてくれます。

 

苦手なことをますます苦手にしてしまうセルフトークは、やめた方がよさそうです。

意識の向け方をちょっと変えてみましょう。
苦しい現実から抜け出し本音で生きる、自分全開のあなたでいれるように♡

 

 

【自分にミラクルを起こす鍵を見つける】無料メール講座
『もっと自分らしく生きたい!』
『現実を変えたい!』
そんな状況から抜け出し、
幸せな人生を自分で創りだすあなたになりましょう。
5つのステップで
自分にミラクルを起こす鍵を見つけます。

本音で生きる意識の使い方
もう迷わない!本音で生きられる自分になる

コメント

タイトルとURLをコピーしました